はじめに

こちらのブログは基本的にAmebaブログのコピーとなります。

アメブロだと記事が後ろに流れていってしまうのでSEO対策を考えてと、後々ブログを移行したい時にアタフタしないで済むかなぁ…と目論んでの理由です(笑)

 photo by cristian-escobar

photo by cristian-escobar

すみだライブフェスティバル

Facebookでも少し告知させて頂きましたが、3月26日にすみだライブフェスティバルに参加してきました!悪天候で雨は降るし寒いし、相方さんはギターを弾くのが大変でした…聴いてくれた方々も本当に辛かったと思いますが、最後まで聴いて下さって本当に感謝です❤️

いつもながら、Jiroさんが素敵な写真を撮って下さったので、それをアップしたいと思います!いつも陰ながら応援いただき、本当にありがとうございます。

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg

今日でちょうどウールカを結成して2年です。ここまでが助走だとしたら、次の2年は疾走したい、出来れば跳躍したい(笑)そのためのアイデアは尽きないので、慌てず焦らず、是非、具現化します‼️(宣言ー笑)皆さんも是非、自分の心踊ることを、どんどん具現化させていって下さいね❤️

Don't hold back; hold forward!!!!!

5.jpg

Cheesecake Factory

そーいえば、フィリー(フィラデルフィアの愛称)にCheesecake Factoryのお店が出来ていたことに感動!!!ワシントンD.C.に住んでいたときに、Cheesecake Factoryが大好きで、特別な時にはよく食事に行っていたのですが、フィリーに引っ越してからは、なかなかお目にかかれなくて寂しかったものです。どこの街にも言えることですが、時間とともに色々変わっていきますね…

1.jpg
2.jpg

お洒落な内装です❤️

3.jpg

今回は、ゴディバ・チョコレートのチーズケーキとフレッシュ・ストロベリーのチーズケーキを注文して、3人でシェアしました。この他にも、色んなチーズケーキがあって選ぶのに迷ってしまうほどです!

4.jpg

カフェ・ラテも大きい…(^_^;)

しかし、Cheesecake Factory、日本にも進出してくれないかな…

久しぶりの母校へ

ニューヨークからAmtrak(中・長距離列車)に乗ってフィラデルフィアへ…

街のシンボル的な市庁舎(シティ・ホール)↓

1.jpg

この目の前にBroad Streetという大きな通りがあるのですが、私の母校はその通り沿いにあるシティ型キャンパスの総合芸術大学です。

2.jpg

主に、この建物の中で学んでいました!

3.jpg

毎日のように歩いた通学路

4.jpg

この劇場も学校のものです。

5.jpg
6.jpg

もう140周年だって…

この神殿?みたいな建物が、教務課などがあるメインの建物です!受付の人に卒業生だという話をしたら、卒業生カードを作っていきなよと誘われたので、ついでに作ってきました(笑)

7.jpg

その場で写真撮られて、あっという間に出来上がり!

8.jpg
9.jpg

学生寮…ここの2階に住んでいました!

そして、この寮の近くに、一人暮らしをしていたアパートがあります。ワタクシ、ちょくちょく引越す傾向がありまして、同じ街の中でも色んな所に住んでいたのですが、常にハウスメイトが居たのです。本当に一人で暮らしていたのが、唯一、この場所でした…とはいっても中に入れるはずもないので、玄関だけ(^_^;)

10.jpg

色々と懐かしかったですが、過去は過去なので繰り返したいとは全く思いませんが(笑)その場に帰ることで呼び覚まされる感覚もあって、それをどう今に活かすか、ワクワクすることもジーンとすることもあり、自分を見つめる良い機会になりました✨

ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク

近年、日本にも上陸したジョーズ・シャンハイ!小籠包が特に有名ですね。日本でも、東京や大阪に店舗があります。

 

私が、マンハッタンのチャイナタウンにあるジョーズ・シャンハイ・ニューヨークを初めて訪れたのは、1997年のことです。グルメな友人が噂を聞きつけて、その時に住んでいたワシントンDCからわさわざ食べに行きました!以来、すっかり虜になり、色んな人を誘っては訪れた、思い出の場所でもあります。

 

しかし、日本のジョーズ・シャンハイは、とてもお洒落なので、チャイナタウンにある店舗と比べると見せ方が違うので、ちょっと驚きました(^_^;) そして、値段も量も上品なのね…

 

という訳で、久しぶりのJoe's Shanghai NYで食してきました!!!

1.jpg

相変わらず、旨し‼️

個人的には、ひたすら小籠包を食べて、飽きたら、ちょっと違うものを食べる、というスタイルがオススメです(笑)そして、豚肉の小籠包より、蟹肉入り方が断然オススメです!

しかし、今回は、店の前に行列があり、30分待ってやっとの思いで入りました…以前は待ったことなど無かったので、随分人気が出たのだなぁと感心しつつも、季節外れの寒波のせいで寒くてツラかった〜(@_@)

でも、温かく美味しい小籠包で元気が出たのか、帰りはちょっとお散歩しながら帰りました!

2.jpg

ニューヨーク大学前のワシントン公園

3.jpg

満月が綺麗でした!

5.jpg

立派なWashington Square Arch...

6.jpg

ニューヨーク・ニューヨーク

フェイスブックの続き。

アメリカの家族の元を離れ、久しぶりのニューヨーク!

1.jpg

マンハッタンのタイムズスクエア

2.jpg
3.jpg

特有の汚さと雰囲気は相変わらずだけど(笑)シアターや新しいお店が増えた印象を受けました。

地面に書かれた、心温まる可愛い落書きとか…

4.jpg

HHNYって何の略だろうと思って調べたら、アーティストさんの啓蒙活動みたいです!素敵ですね❤️(下記参照: 英文のみ)

http://abc7ny.com/1618461/

ホテルでテレビをつけたら、たまたま映画「ナイト・ミュージアム」シリーズを放送していて、それを観たノリで翌日、アメリカ自然史博物館に遊びに行きました。

5.jpg

手前にいる、赤ちゃん恐竜のスケルトンが可愛い…❤️

6.jpg

展示の仕方も大胆(笑)

7.jpg

動物のレプリカも背景の絵画も精彩でした!

8.jpg
9.jpg

続く。

my favorite…

kaiです。

CDが売れないこの時代にアーチストはどうやってその存在を打ち出していくか。

やはりライブか、それとも映像か、はたまた違う手法、ツールか…

プロ、アマ問わず音楽に関わる人たちにとって大きな問題です。 うちらもよく議論します。

そういう自分もCDは以前ほど買わなくなりました。 気になる曲はyoutubeで映像付きで見れるのでそれで満足してしまいます。

aikoに話したらそれでもミュージシャンかと怒られました(^^;)

そんな自分でもコンスタントにCDを入手してるアーチストがいます。Vicente Amigoというスペインのフラメンコギタリストです。スティングや他著名な人とコラボしたり、 日本のフィギュアスケート等でも曲が使われたりしてます。

フラメンコギターというと、独特なリズムアクセントやコードワークが中心で民族色が強いイメージだったりしますが、 彼の曲や演奏は民族色は抑え気味で、ジャズやクラシック、万人に伝わるアプローチがあります。 芯のある音色、類まれな色気、さらに映像が浮かぶ楽曲。

それに加えてこの風貌ですよ…

1.jpg

映像ありきの時代ですが…

この人の音楽は映像なんかなくても遠いところへ連れて行ってくれます。

シリーズ:ちょっと良い話!?(2)

人間的に成長するということは、

 

今よりもっと、ポジティブになる

 

というより、

 

今よりもっと、ポジティブもネガティブも分かるようになる

 

ということだと思うのです。

そしてポジティブもネガティブも同価値のものとして俯瞰できる立ち位置。たとえば、ポジティブやネガティブといった車が行き交う大通りの渦中にいるのではなく、ちゃんと歩道に上がって、その行き交う車を俯瞰できる場所。

常に判断に嘖まれる日常を離れ、雄大でかつ穏やかな大自然に身を任せた時のような、「あるがまま」を「あるがまま」に受け止められる、そんなニュートラルな場所は「選択できる」という力をくれます。(だから、世界はちょっとだけポジティブに出来ているのかもしれません…)

そんな境地が、例えば仏教でいう「空」の境地であり、私たちが解放されて、もっと活き活きと「自分らしい」ということを見つけられて、発揮できる場所なのではないかなと思います。そして、そんな場所は私たちの外にあるのではなく、きっと、自分自身の中に作り出せる場所なのでしょう🌸

dolphin.jpg

つかの間のOFF

kaiです。札幌、小樽に一泊で行ってきました。

安く北海道に行ける話があり、最初は単純に寒いからって理由で断ってたのですが、冬の北海道もいいかもなと気になりだし、ちょいとひょいと行ってきました。空気がキーンとしてて雪も降ってるけどなぜかそんなに寒さは感じませんでした。動き回ってたからかな。

このまえの錦糸町野外ライブのほうがよっぽど寒いす(> <)

短すぎていろいろ心残りありますが、二条市場で昼から立ち飲みしたかった(^^;)

今日からまた地道にチマチマがんばります。

1.jpg

ラーメンはすすきの 喜来登 / ワンちゃんはシベリアンハスキー 銀牙くん

曲づくりのヒ・ミ・ツ2

aikoです。前回のkaiさんの記事に続き、そうなんです(笑)

ウールカの楽曲は二人で作っているのですが、大体の骨組みを作るのにメールでやりとりしています。それからスタジオに入って、細部を仕上げていくという感じです。

確かに、私もkaiさんも、いわゆる音楽ソフトというやつを使っているのですが、しかし、そこまで使えるほどではありません。でも、特に若いミュージシャンたちは、良く使いこなしているなぁ!という印象を受けますし、感嘆すら覚えます。時に、もらった音源はすごく上手だったのに、実際スタジオ入ったら「あれ…?(・・;)」ってなことも過去にはありましたが…でも、それでもですよ!!

それだけの編集能力があるって、純粋に羨ましい気がするのです!

 

しばらく前に自主制作したCD「Supermoon」ですが、録音にもmixにとても苦労しました。その音源を、今ウールカが参加させてもらってる「すみだライブストリート」の代表の方に渡してあったのですが、初めてストリートを披露したときに(ストリートなのに!音響もアンプ一個なのに!)

「生の方がぜ〜んぜん良いじゃないですかぁ!CD録り直した方がいいですよ(笑)」

と一刀両断されちゃいました…(CD買ってくれた方、ごめんなさいー涙)

まぁ、ある意味、褒め言葉のつもりだったでしょうし、もちろん、その方は愛情を持って助言してくれただけなんですけどね…(デジタルの時代にアコースティックやってる難しさみたいなものも、正直感じました。)

その後、kaiさんは新しいソフトなどを購入し、色々頑張ってくれていますし、今年はちゃんとプレスされたアルバムも発表したいなと思って、今、現在進行形で曲を仕上げてる最中でもあるので、より良いものをお届けできると思っとります!そして、音源もライブも精度を上げていこうと意気込んでいるので、ぜひ、応援よろしくお願いしますっ!!!

1.jpg

曲づくりのヒ・ミ・ツ

kaiです。

昨今のITの進化はめざましいですが、うちらみたいな小さいアコースティックDUOでもその恩恵を受けてます。互いの住居が遠いし生活も忙しいとなると、気軽に思いつきでスタジオ入ったりなんてことはなかなかできないので、主にデータの送受信である程度曲を作っていきます。

aikoも音楽ソフトを扱えるので、自分が思いついたコード進行やフレーズを録音してメールで送ります。しばらくすると、あら不思議。切り貼りして歌詞もついた曲が帰ってきます(@ @)

みなさんもお試しください(笑)

とは言っても、実際はそこから先のスタジオでの音出しで気づくことのほうが多いのでデータ交換だけで完成になることはまずないですが。。

思えば昔はカセットに作った曲録音して仲間の家に行って聞かせたり、わざわざ手渡ししに行ったりと、なんだか随分と素朴で時間が永遠にあったな…

なんでもかんでも効率は良くなったけど、効率が良くなれば良いものができるってことはないなと思う今日この頃です(^^;)

1.jpg

無条件の愛

バレンタイン・デーに引き続き、昨日はお菓子の日だったそうで、何とも甘い日々が続きますね(笑)

私も相方さんもチョコレートが大好きです。特に私は、音楽がこの世になかったらショコラティエになりたいくらい、チョコレートに魅了されています。カカオってその作られた大地によって、全く風味や芳香が違いますし、チョコレートって世界で一番、センシュアルでロマンチックな食材だと思うのです(*´꒳`*)

そして、身体にも良い…なんて、お得!!

さて、チョコへの愛を語ったところで…バレンタイン・デーでしたし、無条件の愛についてでも考えたいと思います(笑)

人生、どんなに頑張ってもウマが合わない人っているし、フレンドリーに接してても、何故か「一方的に嫌われてる?」みたいな感じになっちゃったりすることもありますよね…こんな時、巷の本屋で「嫌われる勇気」とか「鈍感力」なんてのを読んでみたくなっちゃうわけですよ!(本当か!?)

でも、実際、嫌われる勇気がなくても鈍感力がなくても、無条件の愛があれば良いと思うんです。つまり、私を嫌いな人がいたら、その人の「私を嫌い」という選択を尊重する。無条件の愛の故に、です!もちろん、自分の意志や選択は自分で守るし通そうとするわけですが…ともかく、無条件に、自分にも相手にもその選択の自由を与える…そうすると、もっとニュートラルに物事を俯瞰できる気がするんですよね。(これ、見た目の結果は似たようでも、無関心になるのとは全く正反対です。)

で、無条件の愛って何だろうと考えると、やはり、根源的な生命への尊意、であるような気がします…というわけで、ちと高尚な話になったかもですが、バレンタイン・デーに因んで「愛」について考えてみました!そうそう、自分を無条件に愛することも忘れずに(o^^o)b

Happy Belated Valentine's Day❤️

1.jpg

(イメージ画)

バレンタイン・デーでした(笑)

aikoです。バレンタイン・デーでしたね(笑)体調不良が続く私は、姉と一緒に近所へ湯治に行ってきました!

露天風呂から見える星がとても綺麗でしたよ一人脳内トリップしてました…✨とは言っても、田舎のオバちゃん達に囲まれて、ある意味、非常にシュールな状況ですが…(^_^;)

こんな感じ↓

1.jpg

見上げるとそこは…

2.jpg

満点の星空✨(あくまで脳内)

3.jpg

Somewhere, something incredible is waiting to be known..."

あー、なんかドキドキするわぁ❤️(←アホ)

ちゃんちゃん。

補足:「信じられないような何か」って壮大なことばかりじゃなくて、身近なこと、例えば、自分自身にも他人にも言えること。計り知れないものをみんな持ってる、良くも悪くも…そんな光だったり影だったりが、私たちというキャンバスの色彩を豊かにしてくれるのかな…(って、この色彩ネタはここら辺でも使ったな。)

「神」つながり

kaiです。昨晩は雪もちらつく極寒のストリートライブでしたが、そんな中でも立ち止まり聴いてくださった「神」様方に本当に感謝です。

で、「神」つながりで思いつくのは、直近では広島の緒方監督の「神ってる」か、BABYMETALの神バンドですかね。ですが、かつての中高生ヘビメタギター小僧であった自分らにとってはやはり「神」はあのお方。

そう。マイケルと言えばジャクソンでも富岡でもなく、マイケル・シェンカーなのです。

ドラマチックな楽曲と独特な音色とフィンガリングと熱いプレイ。誰もが唯一無二の孤高のギターヒーローの虜になりました。

その後すぐに自分は時代をさかのぼる方向でブルースロックやジャズに傾倒していったので、シェンカーに戻ることはありませんでしたが、わりと最近、なぜかシェンカーの「神」を買い直しました。いまやCDなんて買わなくてもyoutubeで済むのですが、なんとなく手元に置いておきたかったのか、敬意を払いたかったのか、さんざん聴いてわかりきっているのに買いました。

自分にとってはそんな存在です。

1.jpg

以上、「神」つながりの小話でした(^^;)

寒空に響く音と神さまたち

昨夜のストリートライブ、ありがとうございました!

寒かった、寒かった、寒かったぁぁぁ…(T_T)

でも、そんな中、ずっと聴いてくださった皆さま…

あなた方は神です!!!

こんな感じ↓

 一緒に出演した石橋くるみちゃん、 木邑結(きむらゆい) ちゃんもお疲れさまでした!

一緒に出演した石橋くるみちゃん、木邑結(きむらゆい)ちゃんもお疲れさまでした!

温度は3℃、でも風が吹いてたから、体感は氷点下な感じがしましたね。手がかじかみすぎて、ギター弾くのは本当に大変でしたが、頑張りました…アンプからの微量な熱で暖をとるって初(笑)途中で、そのアンプくんさえもシャットアウトしてしまうというハプニングに見舞われましたが、色々大変過ぎて、最後は変なテンションになっていました…σ(^_^;)

2.jpg
3.jpg

プチ打ち上げをして、温まったら…

4.jpg

単なる酔っ払いになりました(笑)

風邪ひかないようにね〜!!!(はっ、リクエスト頑張ります!!!)

Above photos by Jiro-san

本当にありがとう❤️

5.jpg

2月10日(金)アルカイーストでストリート

明日、2月10日(金)錦糸町駅前でストリート・ライブします。

場所:JR錦糸町駅の北口を出て直ぐ右手、アルカイーストさん前にて!

18:40〜と19:40〜の2セット、各20分ずつ演奏します。

 

今日は雪でしたが、明日は天気も回復し温度も上がる予報なので、少し安心😅

それでも寒いだろうな…ギター大丈夫だろか…うん、皆さんが応援してくれたら、元気100倍です😆

宜しくね❤️

 久しぶりのビョーク。相変わらず良い味だしてるな…  昔はこの人が大大大好きでして、NYのコニーアイランドまでライブを観に行ったほどでした。相当、エレクトロニカに傾倒していましたが、すっかり今はアコースティック(笑)

久しぶりのビョーク。相変わらず良い味だしてるな…

昔はこの人が大大大好きでして、NYのコニーアイランドまでライブを観に行ったほどでした。相当、エレクトロニカに傾倒していましたが、すっかり今はアコースティック(笑)

The unexpected is to be expected...

ウールカのHPには

The unexpected is to be expected...

という文言があります。色気がないので直訳はしませんが(笑)要は「予測していないことを期待してねん!」というメッセージです😊

今のところ、まったり大人のアコースティック・デュオという印象だと思いますが、ウールカには、音楽的にもキャラクター的にも沢山の引き出しがあるので、それをどう有機的に組み合わせて、皆さんにハッピーなサプライズが出来るのか、のんびり屋の二人ですが、丁寧かつハングリーに日々試行錯誤してます(笑)

 

きっと、二人ならではなものをお届けしますよぉ🔥

 

そして、ウールカの存在が一人でも多くの悩める大人を鼓舞できれば、この上ない幸せ❤️やっぱり、歳を重ねれば重ねるほど、色んなものを抱え込みがちだったりするじゃなないですか。でも、その抱えているものを足かせだと思っているのは、案外自分の心一つだったりする…だから、不必要な既成概念を振り払って、解放された「私」になって活き活き生きてほしいなと思います。

 

こう書くと、地に足がついてないように思われるかもしれないので、補足しておきますが、今の自分を受け入れることって、すごーーーく大事です!たとえば、川を渡って、向こうの岸に行っているとします。川には渡り石(飛び石)があります。その渡り石を辿って向こう側へ行っているのですが、今の自分を否定することって、今立っている渡り石を否定することに等しいと思うのです!今立っている渡り石があるから、次の石へと行ける。そして、目標の向こう岸へ到達でいる。だから、今の自分を、まず、ちゃんと認めて褒めてあげてくださいね!

 

You are one beautiful unique creation🎁

chloe-si-39644.jpg

アーティスト写真撮影にて

aikoです。

先日、やっとアーティスト写真(通称、アー写真)を撮影してもらいました

むしろ、今までよく無しでやってこられたと、我ながら感心…(汗)

 VISAGE Ginzaの吉川さんと高瀬さんにヘア&メイクをしてもらいました。可愛らしいお二人と楽しくお喋りしていたら、あっという間に出来上がり〜!

VISAGE Ginzaの吉川さんと高瀬さんにヘア&メイクをしてもらいました。可愛らしいお二人と楽しくお喋りしていたら、あっという間に出来上がり〜!

プロのお仕事❤️

このとき、ちょっとしたメイクアップのTipを教えてもらいましたよ!

口角の下の部分って、例え若い人でも、くすんでいるらしく、そこにコンシーラーを乗せてあげると口角が上がって、見た目の印象アップになるそう…う〜ん、「寄る年波には勝てぬ」を痛感しつつあるアラフォー女子にはありがたい情報😍

 決まったぜ…(笑)

決まったぜ…(笑)

シリーズ:ちょっと良い話!?(1)

ミュージシャンやアーティストのブログは、大抵ライブとかレコーディングとか、当然ながら音楽中心の話題になるわけですが、大人デュオですし、不定期で「シリーズ:ちょっと良い話!?」と題して、「ちょっと人生語っちゃう!?」的な試みをしようと思います(笑)という訳で、記念すべき(?)第一回です!

magenta_heart.jpg

頑張りすぎて空回りしている貴方へ

1.自分に自信を持つこと。その原動力は、自分の価値に気づくこと。

自信とは「自ら信じる」または「自ら人に言う」とも書きます。それくらい自信とは根拠なく成立しているものです。その自信を自動的に持つには、自らの価値に気づくことです。古今東西、多くの人は自分の価値を疑います。しかし、生まれてきたからには生まれてきただけの価値が誰一人欠けることなくあるのです。それは、何かの信仰をしなくとも、科学的にも物理的にも明白です。この広い宇宙、無駄な創造(物)など存在しないからです。日常を観察しても、ある人には無駄なこともある人にとっては寝食を惜しむほど大切だったりします。生まれてきたからには、誰かに必要とされて生まれてくるのです。それが直ぐには分からなくとも。さぁ、ありのままの自分の価値に気づこう、客観的な裏付けなど必要としない自信を持とう。生まれてきたからには、もっともっとあなたらしく生きること、それが、敢えて言えば、生まれてきた意義です。だから、遠慮せず、もっと自分を前に出して生きましょう!それが生まれてきた責任です。あなたらしいあなたを待っている人たちがいます。忘れないでください。彼らからあなたというギフトを取りあげないで!

2.我慢は美徳ではない。我慢は、自利利他を達成するための手段として使われた時だけ、本領を発揮できる。

自分を殺すだけの我慢など心に傷を作るだけです。自も他も含め、誰の為にもなりません。だから、無駄な我慢はやめましょう!我慢は、真に自分を生きる目的に沿っている場合のみ、はじめて有意義なものとなれるのです。どんな言動にしろ、それが本当にあなたの心にあることなら、それを押さえ込んではいけません。「これを言ったら、これをしたら、この人が傷つくかもしれない…」このように悩む人は少なくありません。しかし、本当にそれがあなたの本心であれば、それはその人にとっても成長のチャンスでり、あなたにとっても、それが本当に自分の真実にかなっているか確認するチャンスでもあるのです。どうか、我慢して自分を殺さないでください。あなたにとっても、周りにとっても、新たな気づきを得て成長するチャンスを取りあげないでください。

3.なりたい自分を、遠慮せず、ワクワクするほどイメージしよう!チャンスや運は未来からやってくる。そして、すべてのドアを開けておこう!

多くの人は、チャンスや運といったものは、過去の実績からやってくると思っています。しかし、チャンスや運は未来からやってくるのです。(これは、量子力学といった最先端の物理学を使って科学的にも証明されつつあります。)だから、過去に囚われてはいけません。なりたい自分を、遠慮せず、ワクワクするほどイメージしてください!そして、それを叶えるために行動すること。ここで大切なことがあります。それは、何かを期待して行動してはいけません。ワクワクするためにイメージしますが、それについて、このように叶ってほしいというような期待は、逆にそれ以外のドアを閉ざしてしまい、望む現実の実現が遅くなってしまうのです。チャンスや運は未来からやってきますが、意外なところからやってくるかもしれません。だから「人事を尽くして天命を待つ」心構えで、目の前のことに情熱を持って取り組んでください!それがどんな些細なことでも、回り回ってどう転がるか、あなたはきっと驚かされるでしょう!

敬具。

Copyright © 2017 oolka.musika All Rights Reserved.